スーパーカブC125発表 ABSが無いのにガッカリ

Pocket

スーパーカブC125、ついに発表されましたね。

高級スーパーカブってことで、スーパーカブのユーザー層を更に広げていく助けになるでしょうから、発売されることは喜ばしいと思っています。

しかし、ABSを標準装備していないことにはガッカリしました。

 

スーパーカブC125の個人的感想

初代のテイストを現代ナイズした、よい雰囲気を持っていると思います。

丸目ライトに125ccエンジン、ディスクブレーキ、チューブレスタイヤ。今まではこれらの装備を得るためにはウン万円の予算をつぎ込み、使える保証もない流用パーツを買ってきて一部を削って…みたいなことをしなければいけませんでした。

 

ある意味みんなが目指していたスーパーカブの完成形なのかもしれません。

 

 

 

ただ「うひょ~、超欲しい!」って程の感動が無いのはなぜだろうか?

 

恐らくですが自分が使う姿が想像できないからだと思います。私のスーパーカブの用途って、ツーリング・買い物・山菜取りと多岐に使い倒します。どれにもC125は似合わないですね。

 

小さ目のキャリアとスッキリしたスタイル。それにやれ箱だ、サイドバッグだ、とゴチャゴチャさせても似合いませんし。

小さ目のリュックを背負って、街なかを駆け抜ける。そんな使い道が一番似合ってる気がします。

 

 

ホンダにとっての日本のカブ乗りとは?

最後に、C125の公式HPで一番印象に残ったのはABS装備の文字がなかったことです。

「いや、高級路線を行くならそれぐらい付けておけよ」と強く感じました。米国版や欧州版は標準装備しているのに日本版は選択することすらできないってどういうことですか?

モンキー125は選べるのに…

 

JA44にしたって海外版はギアポジションインジケータは付いてるし、キャストホイール仕様やディスクブレーキ仕様の物もあるようです。

韓国仕様のJA44

 

確かに日本版JA44の性能はそれなりのレベルにバランスよくまとまってはいますけどね。関連記事↓

カブ110(JA44) インプレッション

 

ホンダにとっての日本のカブ乗りとは?と疑問に思ってしまう、スーパーカブC125の発売決定でした。

 

 

Pocket

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください