キャストからスポークに戻しました

カブ キャストホイール
Pocket

前回の記事で書いた通り、キャストホイールが身体に合わなかったので純正のスポークホイールに戻しました。

簡単ではありますが戻してみた感想を書きます。

改めて感じたスポークホイールの良さ

キャストホイールに変えて腰にはキテも、乗り心地としての硬さはあまり感じていませんでした。

 

が、改めてスポークホイールに戻して乗ってみてその変化に驚きました。

 

たった数百kmキャストで走っただけで元に戻した訳ですが、どこか懐かしい感じの乗り心地を感じました。

「しっくり感」と言いますか「戻ってきた感」と言えばいいのか、

「カブってこんな感じだよなぁ」と。

 

どうやらしっかり乗り心地は変化していたようです。

 

 

スポークの良さとしてその“たわみ”による衝撃吸収性がよく挙げられます。

わたしは今回のことを経験するまでは

「スポークだってガッチリ支えてるんだから、そんなに変わらねぇだろう」

と思っていたクチなんですがすっかりその考えが変わりました。

 

カブ乗りはそのたわみ性能の恩恵を受けに受けて長距離走行をしているようです。

自転車もスポークホイールですが、アレがサスペンションも無しに走れるのはきっとホイールのおかげなんでしょうね。

 

まとめ

ということでキャスト化したい方はチューブレスだけにとらわれずに、“足回り”の総合的なカスタムも視野に入れながらやってみるのがいいと思います。

 

わたしのキャスト化は結果的に失敗に終わりました。しかしこの過程を経ないとスポークの良さには触れることができませんでした。

どんなに文章を読んでも体験することには敵いませんからね。

とてもいい経験になりました。

Pocket

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください