プライムデーポチり品 Logicoolキーボード K270

Logicool K270
Pocket

Amazonプライムデーの購入品が順次到着中です。それらの品々を順番に紹介していきます。その第一弾はワイヤレスキーボードです。

これで自宅の文字入力環境が多少改善することを期待しています。無線故に簡単に複数の端末に接続できるので、それを生かした使い方もしていきたいところです。

いざ開封!

ホント、いつも配送ドライバーさんには頭が下がります。だいたい1回で受け取れず、再配達になってしまうのでこの1年くらいコンビニ受け取りをずっと利用しています。

今回も近所のコンビニで受け取って持って帰りました。

 

早速開封。

開封

キーボードであります。

 

Logicoolワイヤレスキーボード K270

中身は

Logicool K270

キーボード本体とUSBレシーバー(矢印のところ)

 

Logicool K270

取説と保証書類。これだけです。

 

 

小さな小さなレシーバーが付いています。

Logicool レシーバー

これだけ小型だと挿しっぱなしでもPCバッグに入れられそうです。

 

UNIFYINGレシーバー

このレシーバーは「UNIFYINGレシーバー」という名前が付いています。これには便利な特徴がありまして、これ1つで対応しているLogicool製品を最大6台まで同時に接続することができます。

例えばキーボードとマウス、といった2台の機器を1箇所のUSBポートだけで利用することが出来るのです。これなら貴重なUSBポートを何か所も塞いだり、ハブを繋いでコードがゴチャゴチャしたりしなくて済みます。

 

Bluetoothという選択肢もありますけど、あれはOSが起動していないとき(BIOSの設定など)で使えないのですよね。今はノートパソコンですから困りませんけど、将来買い替えるときにまたノートパソコンを選ぶとは限りませんしね。

 

余程不満でもない限り永く使っていきたいですから。

 

その他の特徴

Logicool K270

箱裏はこんな感じ。

 

Logicool K270

お試し用の電池も付属しています。ありがたし。

電池は単四2本です。

 

Logicool K270

角度調整用の折り畳み式の足もあります。

Logicool K270

 

また、写真には写っていませんけどレシーバーを格納するための差し込み口もあります。外したレシーバーをそこに挿し込んでおけば失くしてしまうのを防ぐことができます。よく考えられていますね。

 

設置状況

Logicool K270

(ケーブルがゴチャゴチャで申し訳ない)

 

「画面は遠く、操作は近く」を実現できました。

ちょっと見にくいですけど上側には8つのボタンが付いていて、音量の調整・メーラーの起動・ブラウザのホームボタン・電卓の呼び出しといった操作をボタン1つで行うことが出来ます。

 

今使っていて思うのですが、テンキーは無くても良かったかもしれません。マウスへの手の移動距離が多少長くなってしまっております。

 

設定について

キーボードの電源を入れて、レシーバーをPCに挿し込んだだけで自動的にデバイスが認識されて使えるようになりました。

特に何か設定することはありませんでした。

 

どうやら複数台をUNIFYINGレシーバーに繋ぐときには設定が必要なようです。

 

Pocket

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください