目指せ、ルンバブル!段差を解消

木材 切り出し
Pocket

ルンバブルな部屋づくり第2弾は「段差の解消」です。

キッチンとリビングの間の3cm程度の段差をルンバが上り下りできるようにしてあげます。

これが成功すればトイレ・風呂を除いて全部の部屋を一度に掃除できますから頑張らねばなりません。

 

前回のルンバブル化はこちら↓

目指せ、ルンバブル! 床に物を置かない

 

現状

現状はこんな感じです。

ルンバ 障害

ルンバは2cmまでの段差は越えられますけど、ウチの段差は3cm以上あります。

このままでは上がって来れません。

これを解消してあげてルンバが自由に移動できるようにしてあげます。

 

その他の問題点は以前の記事↓を見てみてください

ルンバ導入にあたっての問題点

 

段差解消の方法

この問題を解決するにはスロープを設置するか、板を敷いて段差を2段に分けて1段1段を2cm以下にするか、です。

ルンバブル 段差解消

最初は市販されているスロープを付けようと思ったのです。

しかし、調べてみたらルンバは20°以上の坂道は上れないことがわかりました。

残念ながら市販のスロープは20°以上ありまして、スロープ設置計画は諦めました。

 

ということは板を置いて段差を2分割するしかありませんね。

 

実家に転がっている木材を切り出して敷くことにしました。

ある程度サイズを測ってノコギリで切り出します。そんなにシビアな加工ではないので気楽です。

840×200の板を1枚、厚さは20mmです。

木材 切り出し

 

両面テープで敷居の部分に貼り付けて完成。

ルンバブル 段差解消

これで1cmと2cmの2段の段差になりました。

 

簡単に実験してみたところ、ルンバは平気で上ってくれます。

段差解消は成功です!

 

段差解消のメリットは大きい

これでキッチン、リビングと交互に毎日出動していたルンバも2日に1回出動になりますし、いちいちわたしが掃除場所に連れていく必要もなくなります。

 

2日に1回、外出前にクリーンボタンをポチっと押して、帰宅後に集めてくれたホコリを捨ててあげるだけです。

掃除が終われば自分で充電器に帰ってくれますし、本当に手間いらずになりますよ。

 

段差解消の方法を考えたり、設置したりするのは少々面倒ですが一度やってしまえばあとはラクができます。

仕組みを組み立てていくのは大切ですね。

Pocket

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください