仕事を辞めてカブでお遍路-フェリーに乗る

シンプルフェリー ポスター
Pocket

苦労と恐怖の東京の道路を掻い潜り、東京港フェリーターミナルに到着した先に待っていた驚きの展開とは…

そして初めてバイクをフェリーに乗せます。勝手が分からなくてアタフタ。

船内の様子もご覧ください。

 

まさかのボックス被り

MRDボックス

 

驚きのボックス被りである。

まさか自分の他にMRDフリーボックスを選択する賢者がいるとは…

 

車体は新型の赤クロスカブですよ。キャンプ感満載の荷物が満載されています。このカブのオーナーさんは左に写っている麦わら帽子のお兄様です。

 

府中市から四国へ渡るそうで、私と同じく無職だそうで、ここも被ってますw

本当はお遍路をしたかったのだけど、次の仕事が決まって出来なくなってしまった。とのこと。

 

次の仕事のお呼びがかかるのは羨ましい。私は次はどうしましょうかねぇ。

 

船に積まれる

出航1時間前に到着しましたけど、到着から2分後くらいに「フェリー積載の準備をお願い」されちゃいました。慌てて受付窓口に行き、受付を済ませて戻ってきました。

バイクをフェリーに載せるのは初めてなのと、あまりに慌てていたせいでその際の写真や動画はありませぬ。

 

乗せ終わった後の様子はこちら。

フェリー バイク

「サイドスタンド、ハンドルロック、ギア1速」で停車します。

係の人が縛ってくれました。

 

このスロープを登って積み込みです。

東九フェリー

 

出航までの間にドラレコ映像の確認やらをして、風呂に入りました。風呂に入っている間に出航。風呂の窓から出航作業や離岸の様子を眺めて、風呂から上がって外を見てみると、もう東京の灯があんなに遠くに。

東京湾 夜景 東京湾 夜景

さらば東京。もう来ることは無いでしょう。

出航すると車両甲板には降りられないので注意です。

 

東九フェリー船内

二等洋室

こちらが一番料金が安い「二等洋室」です。

東九フェリー 船室

8人~16人で1部屋になっています。

 

東九フェリー 船室

こんな感じで2段のカプセルになっています。

 

東九フェリー 船室

シーツ・枕カバーは自分でセットします。

 

更に船内をウロウロ。

船内ポスター

こちら船内のポスターです。

東九フェリー ポスター

おへんろ。しよ  かわいい(確信)

「お遍路しゅるー!」

 

東九フェリー ポスター

東九シンプルフェリー四姉妹。私の乗ったのは長女の「びざん」ちゃんです。

 

自販機群

こちらは自販機群。食堂が無く飲み物・食事共に自販機のみです。それ故の「シンプルフェリー」なんだそうです。

シンプルフェリー 自販機

こういう所ではお約束ですが、値段は高めです。電子レンジやお湯はあるので事前に必要な食材を買い込んでおけば買わずに済みます。

私は高いのは知っていたものの、あれよあれよとフェリーに乗せられてしまったので買っておく余裕はありませんでした。

シンプルフェリー 自販機

食いかけで申し訳。こんなのが冷凍で出てくるので、電子レンジで解凍して食べるようになっています。

 

展望甲板

先ほどの東京の灯りもここから撮影しました。緊急時の集合場所兼ヘリコプターの発着場所にもなっています。ということは「飛行甲板」とも言える?

 

写真で見るとロマンチックな雰囲気がありそうですが機関(エンジン)の吸気口が間近でそこから轟音を放っています。

シンプルフェリー 機関

↑機関の吸気口

これがいくつか並んでいます。この船の原動力ですね。船や鉄道みたいにバカでかい機械を動かしている音を聞くのは結構好きです。

 

またもやマニアックな話でアレですけど

キノコ型通風筒

これ。キノコ型通風筒って言います。波の飛沫や雨が入らないようにキノコの傘の下から船内の通気をしているのです。

昔、艦船模型に凝っていた時に色々調べたなぁ(遠い目)

 

船内の過ごし方

テレビが船の前後それぞれに1台ずつあります。テレビを見る人、仲間でお喋りする人、酒を飲む人。色々居ますが、私は「寝る人」でした。

 

東京湾から外洋に出るとそれなりにユラユラしだすので、それまでに寝てしまいたかったんですねw

 

和歌山沖の写真

翌日の昼頃、本州最南端辺りです。

本州最南端 本州最南端 本州最南端

あれは航空自衛隊のレーダーサイトでしょうか?

 

途中で次女の「しまんと」ちゃんとすれ違いました。

シンプルフェリー しまんと

ばいばーい。

 

↓動画も撮ってみました。

 

船を降りる

到着間近になるとアナウンスがあるので、荷物をまとめて下船準備をします。

車両甲板に降りられるようになってバイクのもとへ行くと、すでに束縛から解放されて自由の身になっているので、係の人の指示に従って船を降ります。

 

クロスカブのお兄様に色々貰う

スーパーカブ クロスカブ

船内で「スマホホルダーが無くて困ったんですよー」なんて話をしていたら「使っていないやつ差し上げますよ」と言って頂けまして、ありがたく頂戴しました。とりあえず応急的にインシュロックで固定です。

ありがとうございました。

 

その他酔い止めも頂きました。帰りにフェリーに乗った時に使います。

 

やっと徳島上陸です。この日から88ヶ所を回り始めましたが、長くなったのでここで一旦終わりにします。

 

お遍路シリーズ

  1. 突然ですがお遍路行きます
  2. 仕事を辞めてカブでお遍路-準備
  3. 仕事を辞めてカブでお遍路-出発直前準備
  4. 仕事を辞めてカブでお遍路-三春藩Cub主総会
  5. 仕事を辞めてカブでお遍路-いわき~フェリー乗り場まで
  6. 仕事を辞めてカブでお遍路-フェリーに乗る ←今ココ
  7. 仕事を辞めてカブでお遍路-四国到着1日目(1・2番札所)
  8. 仕事を辞めてカブでお遍路-2日目前編(3~5番札所)
  9. 仕事を辞めてカブでお遍路-2日目後編(6~10番札所)
  10. 仕事を辞めてカブでお遍路-3日目(11~19番札所)
  11. 仕事を辞めてカブでお遍路-4日目(20~23番札所)
  12. 仕事を辞めてカブでお遍路-5日目(24~29番札所)
  13. 仕事を辞めてカブでお遍路-6日目(30~37番札所)
  14. 仕事を辞めてカブでお遍路-7日目(38~43番札所)
  15. 仕事を辞めてカブでお遍路-8日目前編(岩屋寺・大宝寺)
  16. 仕事を辞めてカブでお遍路-8日目後編(46~53番札所)
  17. 仕事を辞めてカブでお遍路-9日目前編(54~58番札所)
  18. 仕事を辞めてカブでお遍路-9日目後編(59・61~64番札所)
  19. 仕事を辞めてカブでお遍路-10日目(60・65・66番札所)
  20. 仕事を辞めてカブでお遍路-11日目前編(67~72番札所)
  21. 仕事を辞めてカブでお遍路-11日目後編(73~78番札所)
  22. 仕事を辞めてカブでお遍路-12日目(79~83番札所)
  23. 仕事を辞めてカブでお遍路-13日目(84~88番札所 結願)
  24. 仕事を辞めてカブでお遍路-高野山・帰宅
  25. 仕事を辞めてカブでお遍路-うどん編
  26. 仕事を辞めてカブでお遍路-出会い編
  27. 仕事を辞めてカブでお遍路-まとめ
  28. 仕事を辞めてカブでお遍路-小ネタ
Pocket

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください