仕事を辞めてカブでお遍路-5日目(24~29番札所)

神峰寺
Pocket

カブ110で巡る四国八十八箇所、5日目です。この日は24番最御崎寺からスタートし、29番国分寺まで回りました。

5日目はお寺に参りながら室戸岬から高知市までの100kmほどの移動と、途中で日本三大鍾乳洞の一つ、龍河洞にも寄っていたのでそんなに回れていません。

四国さんは今日も絶景でした。

 

24番最御崎寺

室戸岬の先端にあるのが最御崎寺です。これも結構な登りです。

最御崎寺

石段を進みたくなりますが、山門があるのは右側の道ですからそちらに進みましょう。

最御崎寺

 

境内には里芋に似た植物が生えています。元は里芋だったが、弘法大師に嘘をついたら食えなくなった。という話が伝わっているそうです。

最御崎寺

 

25番津照寺

津照寺は漁港の横の山の上にあります。鮮魚店も駐車場の近くにありましたから、買っていかれてはいかがでしょうか。

津照寺

またもや登ります。もう登るのが当たり前です。登ることに疑問を抱いてはいけません。

津照寺

津照寺

 

26番金剛頂寺

金剛頂寺

駐車場から上がった場所に山門があり、そこには巨大なわらじが。

お遍路さんのお寺には健脚のお守りとして、わらじをかたどったものもありますよ。

金剛頂寺

金剛頂寺

 

27番神峯寺

急&長い石段。

金剛頂寺

またまた絶景。

金剛頂寺

神峰寺

 

道の駅大山で休憩

焼きナスアイス

道の駅大山でアイスを食す。「やきなす味」というのがあったので気になって注文。う~ん、言われてみてばやきなす?かな?

 

28番大日寺

大日寺 大日寺

 

日本三大鍾乳洞・龍河洞

大日寺のすぐ近くに龍河洞はあります。大人は1,100円の入場料がかかります。ちょっと高いけど、見ておいて損はないと思います。

龍河洞 龍河洞

鍾乳洞って初めて入りました。自然の力って偉大ですね。1cm伸びるのに100年かかるんですって。弥生時代にはこの中に人が住んでいたようで、土器なども発見されています。

 

29番国分寺

国分寺

国分寺

土佐国分寺は平地にあります。安心です。

 

高知市内で宿泊

本当はもっと回りたいところでしたが、17時になってしまい時間切れ。

このあたりで距離的には1/4でしょうか。

明日は30番善楽寺からではなく、高知市周辺をちょっと変則的に回ろうかな。と思っています。安い宿を探して泊まっているんですが、調べたら30番より他のところの方が近いんですよね。できるだけ効率的に回って先に進みたいですね。

 

お遍路シリーズ

  1. 突然ですがお遍路行きます
  2. 仕事を辞めてカブでお遍路-準備
  3. 仕事を辞めてカブでお遍路-出発直前準備
  4. 仕事を辞めてカブでお遍路-三春藩Cub主総会
  5. 仕事を辞めてカブでお遍路-いわき~フェリー乗り場まで
  6. 仕事を辞めてカブでお遍路-フェリーに乗る
  7. 仕事を辞めてカブでお遍路-四国到着1日目(1・2番札所)
  8. 仕事を辞めてカブでお遍路-2日目前編(3~5番札所)
  9. 仕事を辞めてカブでお遍路-2日目後編(6~10番札所)
  10. 仕事を辞めてカブでお遍路-3日目(11~19番札所)
  11. 仕事を辞めてカブでお遍路-4日目(20~23番札所)
  12. 仕事を辞めてカブでお遍路-5日目(24~29番札所) ←今ココ
  13. 仕事を辞めてカブでお遍路-6日目(30~37番札所)
  14. 仕事を辞めてカブでお遍路-7日目(38~43番札所)
  15. 仕事を辞めてカブでお遍路-8日目前編(岩屋寺・大宝寺)
  16. 仕事を辞めてカブでお遍路-8日目後編(46~53番札所)
  17. 仕事を辞めてカブでお遍路-9日目前編(54~58番札所)
  18. 仕事を辞めてカブでお遍路-9日目後編(59・61~64番札所)
  19. 仕事を辞めてカブでお遍路-10日目(60・65・66番札所)
  20. 仕事を辞めてカブでお遍路-11日目前編(67~72番札所)
  21. 仕事を辞めてカブでお遍路-11日目後編(73~78番札所)
  22. 仕事を辞めてカブでお遍路-12日目(79~83番札所)
  23. 仕事を辞めてカブでお遍路-13日目(84~88番札所 結願)
  24. 仕事を辞めてカブでお遍路-高野山・帰宅
  25. 仕事を辞めてカブでお遍路-うどん編
  26. 仕事を辞めてカブでお遍路-出会い編
  27. 仕事を辞めてカブでお遍路-まとめ
  28. 仕事を辞めてカブでお遍路-小ネタ
Pocket

スポンサードリンク

2件のコメント

    1. スーパーエリー号さん

      四国は歴史と絶景の宝庫ですね。
      帰るまで気を付けて走ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください